ウォーターサーバー 持ち上げないで水を楽に交換が出来る機能をもった商品

ウォーターサーバーレンタル後の中ででる不満の1つにあげられるのが「水が重たくて新しいボトルを設置するのが辛い(泣)」という女性陣の意見。

確かに10kg以上もある水のボトルを持ち上げるのは大変です。。。 人気ウォーターサーバーでも上位に食い込んでいるコスモウォーターのらく楽サーバー。あーこれにしておけばよかったと思う方多いのでは。

なぜかって、ほんと楽なんです。

コスモウォーターらく楽サーバーは口コミでも「楽!」と評判?

なぜ楽なのかを一言でいってしまえば今までは水の入った重たいボトルを持ち上げて差し込み口をぐさっとサーバーにささなければいけませんでした。これ本当に重たくて女性にとってはつらい作業なんですよね。

これを足下から設置できるようにした。これがコスモウォーターらく楽サーバーの最大の特徴です。目的として、重たい水を持ちあげないでOKだと知ってレンタルした方からは楽だわ!という好評な口コミが多く評価も高いのは間違いないです。

一部の否定的な意見を言う方の中には、正直ちょっとデザインがダサいかな。という声もあるのはありますね。確かにデザインをもう少しかっこよくしてくれたら完璧なんですが、機能面から選ぶのであればどの会社さんと比較してもコスモウォーターは最高だと思います。お水もしっかりした天然水が用意されているので毎日の水としては満足の水生活を手に入れられることは間違いないでしょう。

ボトルが軽いウォーターサーバーを選ぶのも一つの手

デザインとかもこだわりたいんだよね・・・って方は上から差し込む、設置するタイプのウォーターサーバーから検討してもよいかもしれませんが、楽さのハードルはあがってはしまいます。

ただ、選択肢としてはボトルが軽いウォーターサーバーを選ぶのが手になるでしょう。ウォーターサーバーはボトル式とパック式がありますが、ボトルタイプの場合は12L、8Lのタイプが主流です。パック式も同じくらいの重さですが、容量が少なく且つ安定して持つことが出来る容器がおそらく一番軽く感じることでしょう。

ボトルタイプは差し込み口を下に向けるのが結構手間なんですよね。

こういった面倒とか辛い要素を踏まえた上で比較的軽く感じるタイプのウォーターサーバーを比較したところサントリーのウォーターサーバーが良いのではないかという結論が出ました。ここの水の梱包は一味違っていて、段ボールの中にビニールにつつまれた水が入っています。容量は7.8L。段ボールから水をとりだすのかと思いきや、水は段ボールの中に入れたままウォーターサーバーに設置する形になります。

これが意外と大きい気がしていて、段ボールで安定感がありウォーターサーバーに設置できるので持ち上げるときも楽さがあるかなと。

約8kgですからめちゃめちゃ軽いわけではないので、一度8kgくらいの荷物を腰から胸元付近まで持ち上げてみましょう。重たいですか?これくらいなら頻繁に行う設置も苦にならないでしょうか。ならないならおすすめですよ。

卓上タイプやコンパクトなウォーターサーバーなら設置も楽

もう一つの方法としては、床置きタイプではなく、卓上タイプのウォーターサーバーにしたほうが設置も比較的楽ですよね。例えば食卓に卓上タイプのウォーターサーバーを設置していたとします。

新しいボトルを設置するときに一旦、テーブルの上に置き、そこから卓上タイプのウォーターサーバーに設置をする訳ですから、物理的な距離を持ちあげないでよくなるわけですからね。ただ、卓上タイプだと、テーブルの上に置きたくないという方もいると思うのでライフスタイルに合った場合はこちらも良いのではっていう話。

また、フレシャスのキャリオという超小型のウォーターサーバーであれば水の容量も3キロくらいですからめっちゃ設置は楽です。ただこのウォーターサーバーはお湯がでないのがネックですが。

メリットデメリットたくさんありますが、持ちあげないで設置できるウォーターサーバーが第一候補としては良いのかなと思います。

コンテンツ記事